2019年1月20日
  • 真の目覚めを求める方のために

マインドフルネス瞑想に関するQ&A

在宅参加の枠ができたことにより、会場に足を運んだことのない方も参加が出来るようになりました。そこで、寄せられた質問をもとにQ&A形式で質問と回答を載せていきます。初めての方にも参考になるかと思います。

Q.在宅参加ということですが、スカイプなどで会場の様子の中継があるのでしょうか?

A. スカイプのようなライブ中継はありません。会場の様子を見ながら行うのではなく、エネルギーのフィールドに入って行いますので、自宅では申込み後にお送りする案内を見ながら準備体操などを行います。瞑想の時間は瞑想に集中してください。

Q. 2時間という時間は長いのではないでしょうか?

A. 準備体操、内観、チャクラの浄化、呼吸法など瞑想のための準備の時間があります。実際の瞑想時間は30~40分程度です。エナジーの働きで静かになることができますので、通常の瞑想より長く座り易いのです。

Q. なぜ、離れた場所でもエナジーの場につながれるのでしょうか?

A. 量子物理学の世界のノンローカル(非局所性)という概念で理解できると思います。ここでは難しい説明はしませんが、実際に遠く離れた場所でも感じられると思います。この瞑想会ではエネルギーの場に招くという形で自宅でも会場の場に浸ることができます。理屈よりも体験からわかるということもあると思います。

Q. 初めての参加でまったく様子もわからないのですが大丈夫でしょうか?

A. はい、いくつかポイントを押さえれば大丈夫です。

まずは、参加の意図が大事です。内側にある本質が目覚めて行くための準備を助けることがこの瞑想会の意図になります。それには心身の浄化が大事になります。

会場も浄化された場ですので、そこを乱したり汚さないようにうがいや靴下を履き替えて参加します。

挨拶は礼儀として心をあらわします。心はエナジーですので、やはり真摯な気持ちで参加することがきれいなエナジーに浸るには必要なことです。

準備体操は実際の会場と同じにすることはできませんが、体のエネルギーの流れを良くすることが目的ですので、同じ体操でなくてもストレッチなどしていただければ良いです。

いくつかポイントを押さえれば、あとは難しく考えずにリラックスして参加していただけると思います。

Q. 瞑想参加のためにしたほうが良いことはありますか?

A. この瞑想会では心身の浄化のために、作務(お掃除)と軽い食事にすることを推奨しています。掃除には様々な面で良いことがあります。それは浄化、動く瞑想である、地に足をつける、無私になるなどいくつもの利点があるのです。

食事は前日から玄米のおかゆなど軽い食事にするとよりエナジーが浸透しやすくなります。特に当日は、朝から食べずに参加する方もいます。

もう少しいうと、普段の食事もできるだけ添加物や農薬、白砂糖など悪いものをとらない、肉食を減らすなど心がけて、血液や体をきれいにすることが浄化には大切です。

Q. 誰もがシャクティ・プラーナのエナジーを感じられるのでしょうか?

A. 体感については個人差があります。女性や繊細な方のほうがより感じやすいです。また、エナジーそのものは宇宙で一番微細な素粒子なので感じることはできません。その純粋で微細なエネルギーが浸透した結果、エネルギーの浄化が起こっていきます。それが体感になり人それぞれです。思い込みが強かったり、頑なになっている状態ですと、エネルギーが動くのに時間がかかり、すぐには変化を感じにくい場合もあります。瞑想は継続していくものですので、半年後、一年ごと振り返ってみるとずいぶん変わったと感じる方が多いです。