2019年3月21日
  • 真の目覚めを求める方のために

マインドフルネス瞑想会に在宅による参加の枠が出来ました!!


2018年9月より関屋ニルヴァーナセンターではマインドフルネス瞑想会を開催していますが、
2019年1月より、全国どこからでもご自宅に居ながら瞑想会への参加が可能になりました。

ご自宅に居ながら、会場と同じフィールドに入って瞑想をすることが出来ます。

瞑想を指導するのは真我が目覚めた先生です。

真我とは、すべての人の心の内側にある本質のことです。

「人はなぜ生まれてくるのか?」ということの究極の目的は真我を悟るためなのです。

この頃は、マインドフルネス瞑想の効果が科学的にも認識され瞑想ブームとなっています。

ここで大事なことは、瞑想は心の悩みや病気を治すためにするものではなく、
自分の内側と静かに向かい合って、古い思念を手ばなしていくことで、
悩みや苦しみや病気を創りだしている思いが無くなった結果としてより健やかになるということです。

瞑想に興味のある方は「何のために瞑想をするのか?」ということについて、
「悟りに近づくため」という認識はどこかで聞いたことがあると思います。

この瞑想会の先生であるナーナ先生は、もともとは真我を求めて修行をされたわけではありません。
一般的な日本人の女性と同じようにこの現代社会の中で生きてきました。
その間、目の前にやってくる様々な出来事から目をそらさずにただ、
その時その時を一生懸命に生きていたら、
あるときクンダリニー覚醒を体験されて、そこから真我一体へと進んで行かれたそうです。

マインドフルネスとは、「今ここ」にあること、「あるがまま」の意識と言われています。

瞑想でマインドフルネスになろうとするのは、結局は毎瞬、毎瞬を受け入れてあるがままに生きるということのためにあります。

苦しいから逃げよう、嫌だからそれを避ける方法はないか?

そういう意識から苦しみは生まれます。

あるいは「こうでなければならない」という思い込みから苦しい人生が正しいと思って生きている場合もあります。

そういった心の葛藤が私たちをバラバラにしてそれが苦しみや病気の原因になっています。

真我が目覚めて悟られたナーナ先生は本質のエナジーで場を満たして、
私たちが自分の気づきによって目覚めていけるように誘ってくださっています。

本質のエナジーに触れると、固く握りしめていた信念やもういらなくなった過去の記憶などが無に帰って行きます。
そうして心が自由になっていくのを感じられるようになると思います。
エナジーの場についての詳細はセンターのHP「センターについて」→「ナーナ先生のエナジーで満たされた場とは」をご覧ください。

大事なことは目的意識と努力の継続です。
本質を悟られた先生のもとで、この機会に出来るだけ心身の浄化を進めて目覚めに近づきたいという方のための瞑想会です。

毎回、遠方の会場まで足を運ぶのは物理的に参加が無理という方でも自宅に居ながら参加できますので継続しやすいと思います。

これまで会場でのマインドフルネス瞑想に参加された方の感想もありますので
「すべては本質の流れのままに」をご覧になってください。

お申込みはPranahnaのHPよりお願いいたします。
お申込みフォームのコメント欄に参加の理由と「在宅参加希望」の旨をお書き下さい。
折り返し、参加の案内を返信にて送らせていただきます。

よくお読みいただいてご参加ください。

参加には立位の全身写真(気をつけの姿勢で)が必要になります。

申込みと入金の締め切りは開催日の3日前までになります。