2018年11月19日
  • 真の目覚めを求める方のために

研究者募集

関屋ニルヴァーナセンターにおける研究者を募集します。

関屋ニルヴァーナセンターでは人間がなし得る最高地点まで到達された先生による瞑想会を行っています。
仏教が普及した日本においては「悟り」、「解脱」という言葉をほとんどの方が耳にしているでしょう。
けれどもその境地に到達したという人の実体験を聞いたりそのような人に会ったりする機会はまず考えられないでしょう。

インドではかつてはラマナ・マハルシやラーマ・クリシュナのような聖人があらわれました。
彼らは人間が到達する最終段階まで目覚めて「真我一体」を体験した偉人なのです。
誰もがいつかはそこを目指している領域ではありますが、
非常に希有な体験のためそれが実際にあり得るということや求めたりできるということをほとんどの日本人は夢にも思っていません。

けれども現実にそういう方が現れて、またその先生の元で学ぶ機会があるのです。
その価値を正しく知ってもらうために、真理の探究に取り組む研究者を募集しています。

研究内容
◎ 覚醒から解脱という高次の意識理解のための研究
◎ 瞑想による脳波の測定と変化
◎ 瞑想、特にマインドフルネスの意識状態がもたらすさまざまな効果の実証
◎ 覚醒へと至る人間の意識の成長過程についての研究

応募資格
経験や経歴は問いませんが真摯に真理の探究を求めて各分野で研究や研鑽を続けてきた方。
(例としてはヨガ、武道、瞑想、宗教学、仏教、哲学、意識の研究、心理学、医療、量子物理学など)
※ 真の研究者は自身が常に探求を続けることで変容し真理を悟っていくものです。
  会への参加と実践を行いながら自身の研究を完成させていく流れとなることは必須と思います。
  まずは研究の可能性を感じられるか参加してみてからお申込みの流れとなります。

応募に必要な書類は以下となります。
◎ 履歴書
◎ これまでの研究内容の分かるもの
◎ pranahnaのHPおよび関屋ニルヴァーナセンターのHPをご覧になり、
  自身のこれまでの体験や研究内容と合わせて、提案できる研究計画とその意義や社会への貢献について書いてください。(1200~2000字程度で)
◎ 研究に対する熱意を書いてください。

※現在学生でその分野について研究していきたいという方も研修生として応募可能です