2019年11月15日
  • 真の目覚めを求める方のために

ハートとマインドフルネス

先日、報告(その2)で「私とはこの肉体に限られた存在ではなく、
大いなる自然や宇宙の愛と分かちがたくつながっていて愛され守られているという体験があった!!」
ということを書きました。

その後、さらなる展開や「目覚めた時に何が起こるか?」という一瞥体験などもあったのですが、まだまだ修行は続いています。

宗教なんていう枠に縛られたくないと思いながら、これはもう絶対に「宗教だ!!」という体験が起こってしまったのです。

なぜなら、自然の愛、宇宙の愛、太陽の愛、と呼ぶものは神と呼ばれるもの
と同じだとわかってしまったからです。

そして、太陽の暖かさ、自然とのつながりの中に、
絶対的に守られているという信頼感を実感することこそが、
例えば、仏教徒が「安寧」と呼ぶような、まさにそれを求めて多くの人々が信心してきたということがよくわかったのです。

マインドフルネス瞑想の目的もそれですよね。

そして、それがわかった時に、
いま世界中で起こっている問題の全てが、その絶対的なつながりへの信頼を見失ってしまったことから来ているということもよくわかりました。

そしてそれは宗教なんていうほどの大げさなものではなく、そんなに難しいことでもなく、
「むしろ昔は当たり前だったのじゃないかな」、「みんな知っていたんじゃないのかな 」、とも思いました。

例えば、おばあちゃんが孫に、
「お天道様が守っていくれているよ。見ていてくれているよ」
なんていう場面があって、そのおばあちゃんはあれこれ言わないけれど、深いところで本当にそれがわかっているという、
その存在が安心感を伝えているという、
昔の人はそうだったんじゃないかと思ったのです。

何気ないところで、私たちも
「なんだかとても気分が良くて、なぜかわからないけど大丈夫な気がする。何も心配ない気がする」という体験はよくしていると思います。

そんな時、私たちのハートは開いていて、無意識の中で神の愛とつながっているのです。きっと!!

そういう時は、むしろ心配しろという方が無理なくらい、何も問題など浮かんできません。

常にそういう感覚でいられたら、どれほどハッピーでしょうか?
人とは本来そうあるべきではないでしょうか?

そういった、見えないものへの信頼感が失われた時に、私たちは迷ってしまいます。

現代社会は、テレビや本など情報でいっぱいです。

そして、頭で考えたり、思考の理屈で納得できたらそれで安全だとか信頼できると思ってしまいます。
でも、テレビの操作された情報などに簡単に騙されてしまっていますよね。
そしてなぜだか騙されたり洗脳されていることにさえも気がつかないくらいです。

この体験からそういうことがわかったとナーナ先生に話したら、

「頭使いすぎだからダメなのよ。
思考を使わずに静かになって、そうしたらなんでも自分の内側でわかるようになるんだから、」

と頭の忙しい私はお叱りを受けたのですが、

そうやってナーナ先生は全て内側で答えを見つけて進まれてきたそうです。

確かに、「なぜかわからないけれど、だいじょうぶな気がする」というハートの調和した状態であれば、
何の疑問も浮かんでこないし、不足の思いや不満なども湧いてこないし、満ち足りて今に生きられますね。

それこそ、マインドフルネスの状態そのものです。

というわけで、「真我が目覚める」なんていうと、みんなビックリして引いてしまうようですが、

ナーナ先生の瞑想会は、

「心身の浄化が起ることで古い脳の思考が外れていき、頭が静かになって、
自然や宇宙との調和を思い出していく…」という本当に当たり前の、
ひと昔前の人がよく知っていたような
素朴な世界、素のままになっていくというものです。

それを実感すると、「大丈夫」という安心や信頼の中で生きられるようになっていきます。

なので、たとえば子どもを育てる親がそのようになっていれば、子どもはより健やかに育っていきますし、

学校の先生、お医者さんや看護師さんのような人を育てたりケアするような仕事をされている人がそうなっていたら、
より健康的な教育やケアができていくようになります。

そればかりではなく、普通の会社員でも、誰でもそういう絶対的な信頼感があれば、不 安やストレスから暴飲暴食したり、何かに依存したりすることも減るでしょうし、
心が空虚になって、その穴を埋めるための消費文化という貪欲さもなくなっていきます 。

何よりいま問題になっている、親が子どもを虐待するような悲しいこともなくなっていくでしょう。

おそらく、あまりにも自然との調和、素朴な暮らしから離れすぎてしまって、
私たちがあまりにも道をそれて大事なことを見失ってしまったために、
本来のあり方を思い出すためにナーナ先生のような方が現れたのではないでしょうか?

ナーナ先生のマインドフルネス瞑想の目指すところは、
自然や宇宙に守られたという信頼感や安心感を思い出していくというものになります。

自宅にいながらでも瞑想会に参加できる在宅参加の枠もありますので、
百聞は一見に如かず、体験し、マインドフルネスを実感していってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です